一般財団法人JSAF GLOBAL LANGUAGE EDUCATION ACEJ

留学先の選び方

▲ご希望のプログラムをクリックしてください。

 

短期語学研修

▸理想の留学先の選び方

①国から選ぶ

目的から選ぶ

③中長期語学研修

 

国から選ぶ

同じ英語圏でも、文化や環境は様々です。気になる留学先の国旗をクリックして、 各国の特徴をのぞいてみましょう。

 

 

usa アメリカ(詳細はこちら

広大な国土を持つアメリカでは、州や地域によって様々な経験ができます。中でもカリフォルニアを中心とした西海岸と、ニューヨークやボストンのある東海岸の語学学校が人気です。オンキャンパスの語学学校も多く、英語を勉強しながらアメリカの大学生活を体験したい人、将来学部留学を目指す人にもおすすめです。授業は半日となるため、空き時間に観光するなど自由に過ごせます。

 

canada_000 カナダ(詳細はこちら

移民国家であるカナダはとてもフレンドリーな国柄で、留学生の受け入れにも積極的です。治安もよく物価も安いため、暮らしやすいことでも知られています。国土は世界第2位の広さを誇り、都市と自然が融合しているところも魅力の一つです。留学先としては、都市で交通の便も良い西部バンクーバーと、東部トロント・モントリオールが特に人気です。

 

 

uk イギリス(詳細はこちら)

イギリスは伝統ある建物が点在し、長い歴史を感じさせる一方、ファッションやモダンアートなど現代文化のパイオニアとしても有名です。ロンドンの他、ケンブリッジやオックスフォードなど、落ち着いた環境の語学学校が人気です。イタリアやフランスなど、ヨーロッパ圏内からの留学生も多く、よりインターナショナルな環境で勉強したい人におすすめです。

 

 

ireland_003 アイルランド(詳細はこちら

ヨーロッパの中でも最も治安の良い国とされ、国民性も陽気で訪れる人を温かく迎えてくれます。島国ですが、1年を通して寒暖差が少なく温暖な気候です。また、教育レベルは世界最高水準で、躍進的な経済発展を遂げています。語学学校はダブリンを中心とした都市部に多く、ヨーロッパ圏内から多くの留学生が訪れます。

 

australia オーストラリア(詳細はこちら

20140307 岩満 絵里 ILSC Sydney 日本女子大学 3

日本の約20倍の国土を持つオーストラリアは、豊富な自然に囲まれ、場所によって様々な自然に恵まれています。コアラやカンガルーなど動物とのふれあいも人気の一つです。日本と季節が逆なので、ハイシーズンの時期と比べ航空券代を抑えることができます。また、日本との時差も1時間なので、日本のご家族とも連絡が取りやすいのが特徴です。

 

newzea ニュージーランド(詳細はこちら

ニュージーランドは北島と南島の2つの島から成る、自然豊かな国です。国民性は温和でフレンドリーなので、平和でリラックスした環境のなか英語を学ぶことができます。治安もよく日本との時差もあまりないので、はじめての海外でも安心して過ごすことができます。

 

 

 

②目的から選ぶ

▲アイコンをクリックすると詳細に移動します。

 

初めての語学研修

tanki1

初めて海外に行かれる方や、初めて語学研修に参加する方には、安心して勉強ができる学校をおすすめしております。学校によっては、パートタイムやフルタイムで、日本人スタッフが勤務していることもあります。

留学先としては、カナダ(西部バンクーバーや、東部トロント)やオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)が特に人気があります。カナダは、学校周辺の交通の便もよく、現地の人々もフレンドリーで、治安が良いことで知られています。また、オセアニアは日本との時差が少ないため、万が一の際に親御さんとも連絡が取りやすいのが特徴です。

▲目的から選ぶ に戻る

 

英文学やイギリス文化に興味がある

英語発祥の地として知られるイギリスは、古典から現代文学まで、様々な文学の舞台になっています。実際に物語の舞台に足を運び、現地で勉強してみることは、かけがえのない経験になるでしょう。

また、イギリス南部のボーンマスやマーゲート、学園都市として有名なケンブリッジやオックスフォードなどでは、ゆったり、落ち着いた環境で勉強しながら、現地の生活スタイルを学ぶことができるでしょう。

▲目的から選ぶ に戻る

 

できるだけ予算を抑えたい

語学学校のプログラム費用や、往復航空券代は、留学先やお申込み時期によって変わります。例えば航空券代は、ご出発までの時期や、燃油サーチャージなどの諸費用など、その時々の状況によって変動します。

ACEJにて最新の航空券代の概算をご紹介しておりますので、お問い合わせください。また、全体のご予算の上限等ございましたら、できるだけご予算を抑えるためにも、早めのご準備が大切です。

 

▲目的から選ぶ に戻る

 

アウトドアを楽しみたい

ハイキング、カヤック、スキー、スノーボードなど、留学先で様々なアウトドアに参加することができます。中でもカナダ、オーストラリア、ニュージーランドは特に自然が豊かで、語学学校かま主催しているアクティビティ(課外活動)でも、年間を通して様々なアウトドアが企画されています。日本での経験とはまた一味違う、貴重な思い出ができるでしょう。

▲目的から選ぶ に戻る

 

 

動物が好き

オセアニア地域には、その地固有のユニークな動物たちが多く生息しています。代表的なものとして、オーストラリアのコアラやカンガルー、ニュージーランドのキウイが挙げられます。

オーストラリアでは、動物園でカンガルーやコアラとツーショットを撮れるかもしれません!
また、羊の数で知られるニュージーランドでは、郊外のファームを訪れるのもお勧めです。ゆったり、ユニークな語学研修となるでしょう。

▲目的から選ぶ に戻る

 

 

放課後に観光やショッピングを満喫したい

語学学校の立地は、田舎から、郊外都市、街の中心地と様々です。中には、車社会として知られるアメリカなど、バスや電車などの公共交通機関が非常に発達している日本と比べると、自分自身では移動が難しく感じる場所もあります。

放課後もアクティブにショッピングや観光を楽しみたい方には、街中にある語学学校がお勧めです。特に、カナダ第1の都市であるトロントや、第3の都市と知られるバンクーバー、オーストラリアのシドニーなどが人気があります。比較的治安も良く、フレンドリーな国民性が特徴です。初めての留学でも、安心して過ごすことができるでしょう。

▲目的から選ぶ に戻る

 

ゆったり、のんびり勉強したい

スローライフを楽しみたいあなたには、ゆったりとした都市や郊外での生活がおすすめです。特に、オーストラリアのパース(Perth)や、ニュージーランドのオークランド(Auckland)、カナダのバンクーバー(Vancouver)は、街の利便性を備えていながらも、東京ほど人口も多くなく、のんびり、快適に生活することができます。放課後のカフェでお友達と話したり、公園でのんびり過ごしたりと、より現地の人々に近い生活スタイルを体験できるのも魅力です。

▲目的から選ぶ に戻る

 

目的に合わせて勉強したい

一言で「英語研修」といても、授業のスタイルやプログラムは様々です。学校によっては、「読む」・「聞く」・「書く」・「話す」の4技能をバランスよく学ぶ一般英語コースの他、目的や英語レベルにあわせた選択制の授業や、監督の先生のもと自分で勉強を進めるIndependent Studyクラスを実施している学校もございます。
ACEJでは、皆さんのご希望にあわせてお一人おひとりに最適な語学学校をご紹介しております。できるだけ観光に出かけたい、将来の進路に向けてコミュニケーション英語を学びたい、数年後の長期留学に向けて、現地の大学キャンパスを訪れてみたい、など、ご希望をお聞かせください。

▲目的から選ぶ に戻る

 

現地の大学生活に興味がある

tanki10大学キャンパス内に施設を持つ語学学校では、図書館やカフェテリアなどの大学施設を現地の大学生と共有することができます。キャンパス内で学ぶことで、現地の学生の生活スタイルを体験できるでしょう。また、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学があるアメリカのボストンや、イギリスのケンブジッジ・オックスフォードは、学生が集まる学都市として知られています。放課後や週末に大学施設を訪れることができるでしょう。大学によっては、大学内の施設を見学できるキャンパスツアーを実施していることもあります。

▲目的から選ぶ に戻る

 

 

短期間で色々楽しみたい

周辺に多くの観光スポットがあるバンクーバーや、オセアニア(オーストラリアやニュージーランド)がおすすめです。オセアニアでは、時差や渡航時間が少ない分、短い滞在でもたっぷりと英語の勉強と観光が楽しめるでしょう。
カナダのバンクーバーは、イギリス調の街並みが楽しめるビクトリアや、冬季オリンピックの開催地となったウィスラー、アメリカ(シアトル)など、周辺に観光地が多くあるため、色々な場所に行くことができます。

▲目的から選ぶ に戻る

 

チャレンジングな場所で勉強したい

2・3回目の語学研修の方や、長期留学を終えた後のステップアップのための留学の方には、少しチャレンジングな環境での留学もおすすめです。
中心地から離れた郊外都市の語学学校や、一般英語コースを終了した学生が履修する、ビジネスコースを実施している学校などが、特に人気があります。目的や英語レベルにあわせて、おすすめの語学学校をご紹介いたします。

▲目的から選ぶ に戻る

 

日本語に頼らず勉強したい

語学学校には、校内では母国語禁止(English Only Policy)が実施されています。 日本人のお友達にも、率先して英語で話しかけていきましょう。 また、放課後にはできるだけ他の国からの留学生を誘って、自分から英語を話す環境を作っていくのがポイントです。
「日本人の割合が低い学校の方が、英語を話すチャンスが多い」と考えられる方もいらっしゃいますが、実際には日本人学生の割合よりも、自分から英語で話したくなるような、ご希望にあった雰囲気の学校や、ご自身の目的にあったプログラムに参加するのが一番のポイントです。 ぜひ、ACEJにご希望をお聞かせください。最適な学校をご紹介いたします。

▲目的から選ぶ に戻る

 

美術館・博物館を巡りたい

tanki8カナダ第一都市のトロントには、有名な美術館や博物館が数多く揃っています。ロイヤル・オンタリオ博物館(Royal Ontario Museum)には、恐竜の化石や古代エジプトの出土品など、様々なジャンルの展示品があり、その数は600万点以上にも及ぶ。また、オンタリオ美術館(Art Gallery of Ontario)では、ピカソやゴッホの作品の他、多くの現代アートが鑑賞できる。その他、オンタリオサイエンスセンター(Onatrio Science Centre)や、カナダ現代美術館(The Museum of Contemporary Canadian Art)など多数。無料見学の日を実施している場所もある。

また、ロンドンには、大英博物館やモダンアートが有名なテート・モダン、ナショナル・ギャラリー、ロンドン自然史博物館などが揃っています。毎年多くの観光客が訪れており、美術館・博物館年間来場者の世界ランキング上位20位のうち、5つの施設がロンドンにあります(2012年調べ)。また、ロンドンでは国立の施設の入場料は無料です。週末に、ゆったりと訪れるのも良いでしょう。

▲目的から選ぶ に戻る

 

 

安心できる環境でしっかり学びたい

ACEJでは、語学学校のプログラム内容や先輩参加者の評価の他、現地の治安やサポート体制を確認した上で、随時厳選して学校をご紹介しております。

現地のプログラム内容は、語学学校によって様々です。読む、聞く、書く、話すの英語の4技能をバランスよく勉強できる一般英語コースの他、アカデミック英語、ビジネス英語、試験対策、資格の獲得など、目的にあわせてユニークなプログラムを実践している学校もございます。
皆さんのご希望や目的にあわせて、最適な学校をご紹介いたします。

▲目的から選ぶ に戻る

 

 

このページのTOPに戻る

 

 

③中長期語学留学

 

▲目的別のアイコンをクリックすると詳細に移動します。

 

将来は先生になりたい

chuki1英語教師養成プログラム(TESOLコース)を実施している語学学校がおすすめです。TESOL(Teachers of English to Speakers of Other Languages)は、英語を母国語としない方を対象とした英語教授法です。英語教育の重要性が叫ばれている今、先生を目指している方には特に受講して頂きたいコースです。
TESOLコースでは、英語で英語を教える際に必要な知識とスキルを身に付けることができます。指導方法を勉強する他、実践的な模擬授業を通して、効果的な英語教授法を学びます。

例えば、カナダにあるKing George International College (KGIC)では、一般的なTESOLコースの他、「TESOL for Children(児童英語)」「TESOL for Middle School(中高生英語) 」「TESOL for Adults(一般向け英語)」の中から、ご自身の目的に合わせてコースの選択が可能です。さらに、希望する方は、実際の教育現場での教育実習も体験することが出来ます。

▲目的別アイコン にもどる

 

 

大学キャンパスで勉強したい

chuki2大学キャンパス内にある語学学校では、図書館やカフェテリアなど、現地の大学生と大学施設を共有することができます。キャンパス内で英語を学ぶことで、現地の学生の生活スタイルを体験できるでしょう。
オンキャンパスの語学学校にご興味をお持ちの方には、語学力重点プログラム(FLAP)がおすすめです。FLAPは、ACEJと姉妹団体日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)の共同企画プログラムです。ACEJ・JSAFが協定及び提携を結んでいる海外有名大学キャンパスの語学学校で、しっかり英語を勉強することができます。

FLAPプログラムの詳細はこちらよりご覧ください。(日本スタディアブロードファンデーションのページに移動します)

▲目的別アイコン にもどる

 

 

形に残る留学がしたい

chuki3将来の就職活動に向けて、サーティフィゲート(修了書)を取得できる中長期留学プログラムがおすすめです。

例えば、ILSCではビジネスコミュニケーション、マネジメント、ホスピタリティ、メディア、マーケティングなど、様々なビジネス系のサーティフィケートプログラムを実施しています。英語レベルによって、最短2・3ヶ月でサーティフィケートを取得することができるため、半年や1年間の留学をお考えの方に得におすすめです。

▲目的別アイコン にもどる

 

 

自分探しの留学がしたい

「将来の進路がまだ決まっていない」「留学を通して自分の可能性を広げたい」というあなたには、選択授業や、豊富な英語コースを実施している語学学校がおすすめです。特に、カナダやオーストラリアは、幅広い留学プログラムで知られています。

例えば、ILSCでは、130種類以上の選択クラスから、英語レベルや目的にあわせてオリジナルの時間割を作ることができます。アカデミック英語から、コミュニケーション、ビジネス英語など豊富なクラスを開講しているため、様々な分野から英語を学ぶことで、たくさんの経験をえることが出きます。

▲目的別アイコン にもどる

インターンやボランティアに興味がある

語学研修に加えて、ボランティア活動に参加したい方には、放課後に現地NGOでの無償ボランティア活動に参加できる、ボランティア・エクスペリエンス・プログラムがおすすめです。プログラム参加前にはオリエンテーションや個別ミーテイングも実施され、終了後にはNGO団体名と合計ボランティア数が明記された修了書も発行されるため、初めての留学でも安心して参加することができます。

また、実際の職場経験を積みたい方には、無償インターンシッププログラムがおすすめです。このコースでは、一般英語コースで、規定語学研修で身に付けた英語力を、実践的な職業経験に活かすことが出来ます。ワーキングホリデービザ等で行うお店のアルバイトとは異なり、語学校側が現地企業とのマッチングを行ってくれるのが特徴です。就職(活動)前の中長期留学にも最適です。

▲目的別アイコン にもどる

ビジネス英語を学びたい

将来の就職やスキルアップに向けて、ビジネス英語を勉強したい方には、豊富な選択授業を実施しているILSC(カナダ・アメリカ・オーストラリア)や、ビジネス英語に特化した英語コースを実施している語学学校がおすすめです。ビジネス英語コースは、一般英語コースを終了した方や、現役の社会人の方など、幅広い年齢層の学生が受講しています。

現在の英語レベルや、希望留学期間、ご興味をお持ちの留学先など、お一人おひとりのご希望に合わせて最適なプログラムをご紹介いたします。お気軽に、ACEJまでご連絡ください。

▲目的別アイコン にもどる

 

 

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

 

このページのTOPに戻る

ACEJサイトTOPに戻る